のど自慢観戦記・本放送再開まで期間限定公開中!

NHKのど自慢チャンピオン大会2016!

2階席、一番右端w隣が通路の本当に端。
こんにちは、先生です。




さてご存知の通り、NHKのど自慢チャンピオン大会に行ってきました。
今回もまた接戦だったが果たして結果は!?




いつもプログラムの裏に来年度の開催予定が載っているんですが今回は開催時期が早かった為不掲載。1月下旬を待て!!との事。




今回前説はコンノさんではなく別の方。別の方がやられるとコンノさんのレベルの高さが解かるなぁ。




そんなこんなで開始。
例年のチャンピオン大会と違い出場者席が設けられた(歌謡コンサート風)。普段ののど自慢でも出場者席はあるので違和感はあるものの不自然と言うほどでは無かった。
今回は一貫して出場者紹介 → VTR → トーク → 歌唱 → 感想の流れ。




1東京都瑞穂町チャンピオン 大塚真理奈さん ♪海鳴りの詩
水森先生が指摘した通り確かに演出過剰ではあるな。勢いがあって好きだけどトップバッターだったせいか緊張の色が濃く見えた。後半の雑さはちょっと残念だったなぁ。でも14歳にしてあのレベルはとんでもないものだし場数を踏めばかなり伸びそう。あとお化粧したら綺麗になったねw




2長野県塩尻市チャンピオン 吉澤福一郎さん ♪おふくろ
言葉一つ一つが丁寧。音が響くNHKホールで聴きやすく歌える方って実はそんなに多くない。一瞬歌詞間違えて動揺したが致命傷にならないうちに立て直せて良かった。




3北海道釧路市チャンピオン 佐藤綾香さん ♪魂のルフラン
衣装がホワホワでウサギみたいw
普段からコスプレでキャラになりきってる成果か?歌の世界にしっかり入り込めていた。可愛らしいけど歌う上で抜群に良いというわけでもない自分の声をしっかりと理解して、その上で自分を表現できている気がする。結果そこに個性が滲み出てる。この子、釧路大会の時から存在感あったもんね。何て言うかカラオケ採点で高得点が取れる技術頼みだけじゃなくて情熱が入ってる歌。




大阪府大東市チャンピオン 西野純二さん ♪STAY DREAM
はつねちゃん、可愛いv
ご本人も仰った通り想いを込めすぎて歌詞がトんでしまったのは残念だが、それを帳消しにするぐらい痺れる歌だった。感動した。




5栃木県小山市チャンピオン 山口愛未さん ♪じょんから女節
おやじバンドの看板娘。
今回は例年よりも緊張されている方が多かったが山口さんの歌は緊張の色が見えず本選と変わらない歌だった。良く言えば芯の通った歌いっぷり。ただ個性と言う面ではやや地味かなぁ。上手いけどね。今度はロックを聴いてみたい。




熊本県芦北町チャンピオン 前田由起子さん ♪あゝ無情
え、何、可愛いんだけどw
前田さんも飄々としてるようで結構緊張してたけどスピード感あふれる歌の雰囲気を保てていて良かった。にしても仕事場の皆さんもパワフルな人が多いね。




7北海道岩内町チャンピオン 小山田祐輝さん ♪獅子
バイブルはNHK大相撲ジャーナルかwせっかく東京に来たんだから両国行ってから北海道に帰りなさいw
グラチャン先物買いな感じがしないでもないけど何にせよ今持てる実力は出し切った感じかな。声変わりしてからが本当の勝負だね。中学生出場が解禁してからいきなりのグラチャン!歴史的快挙おめでとう!




8千葉県柏市チャンピオン 井沼久美子さん・荒川真理子さん・渡邉佳奈さん ♪WINDING ROAD
弱冠緊張の色は見えるものの何とか歌い切った感じかな。それでも私の評価は変わらず歴代で最も上手い「WINDING ROAD」だと思う。




長崎県西海市チャンピオン 瀬戸口幸奈さん ♪何度でも
7キロ減量!あと彼氏できたw色々とめでたい。
彼氏とは当然これから色々あると思うけど、やはり瀬戸口さんがリードして引っ張っていきそうな元気な歌声。結果はどうあれ今回私が一番注目していた方だったので生で聴けたのは嬉しかった。とても良い感じで歌ってたのに尺の都合だと思うけど結びの部分の編曲が不自然で尻すぼみ・・・これについては最後の方で書きます。




10香川県三豊市チャンピオン 西山潤子さん ♪糸
泣きそうになった。
もう何というか温かい歌だねぇ。これでも入賞できないとか厳しいな。審査の切り口がいつもより辛目とは感じたけど。あと息子さんが八乙女光くん似の男前ですね。




11島根県益田市チャンピオン 吉丘佳介さん ♪最後の雨
熱唱。見事と言う他ない。フジモンに似てるという事が私の中で最大の印象(失礼)だったのが、歌の方でしっかりと個性と実力をアピールするアレンジを加えたのには脱帽。見事と言う他ない(二回目)。
優秀賞もおめでとうだけど、娘さんも大会翌日が誕生日。Wでおめでとう!
(なお吉丘さんの「吉」の字は上の部分が土ですが文字化けするので「吉」と表記しています)




12秋田県五城目町チャンピオン 小野寺紀子さん ♪ロックンロール・ウィドウ
唸りの回数は減ったが本選よりも綺麗な高音が度々聴かれた。ただ印象としてこじんまりしちゃったかな、という感。表情は雰囲気があって良かったと思う。




13熊本県宇城市チャンピオン 中田 愛さん ♪いのちの理由
希望ちゃんも可愛いv中田さんは常に笑顔でいらっしゃったので映る度に癒される。もうちょっとサビの部分の抑揚を付けてあげれば、もっと良い歌に聴こえる(はず)。
しかしながら温かい歌で優秀賞!おめでとう!




14北海道中標津町チャンピオン 江西あゆみさん ♪LA・LA・LA LOVE SONG
本選の時よりもナチュラルなお化粧の方が可愛くて好きです。
声の伸びは相変わらず良かったが、発音がはっきりしない部分も多々あった。






全体的に緊張が連鎖していて普段の実力を出し切れてない方が多かった印象。これほどまでに緊張している方が多い年も珍しい。
また突出した人はいない大接戦。これだけ実力が伯仲してると前半に歌われた方、印象薄れちゃうよね。
全てを聴き終えての私の予想は

優秀賞:吉丘さん、中田さん
グラチャン:西山さん

となり優秀賞両方とも的中させた時は「あ、これグラチャンも当たっちゃうな〜」とか思ってたら違ったw




「大会」の演出面については出場者の紹介に重点を置いている感じで(SMAPの出演を増やしているような意図が見えなくもないけど)歌う時間は短め。特に瀬戸口さんの項でも書いたが「何度でも」を不自然な結び方してたし「最後の雨」の前奏も弱冠、苦肉の策感があった。両方とも自然な編曲に直しても20〜25秒くらいで何とかなると思うんだが。普段ののど自慢では歌える時間を増やすために前奏を省略する事は珍しくないが、チャンピオン大会ではこういった編曲はほとんど無かったので違和感が残った。
時間ギリギリだったのでどこかを削るしかないわけだが、削れる優先順位としては審査員室の様子かな。その間にSMAPが体系を取るんだが別にそれほど時間はかからない。それと総評は1人で充分。それでも尺が足らなければ最悪今日のダイジェストを削る・・・というのも手かな。とにかくグラチャンが感想を述べない結果発表とか何だよwもうちょっと喜びの声が聴きたいんだよ。


進行は予てから切望してた千ちゃんと慎吾ちゃんの分業制。これは良い。司会の手伝いしている感じがする。


「番組」としては慣れちゃったのか分かんないけど、去年から出てるあの要らん小窓がそれほど気にならなくなってた。ただ即刻消してほしいのに変わりはないが。
あとあまりに驚いて笑っちゃったのが2階席にくっついてる謎の画面。
下でこっそりカンペとか台本を出すのは良いけど、あれはカメラに映っちゃダメなやつだろwww
録画観てて声出して笑ったわ。


SMAPのおかげで盛り上がってるのは否定しないけど、それで肝心の出場者の声が聴けないんじゃ本末転倒だなぁ。
これは当然SMAPが悪いんじゃなくて演出する方の問題だけど・・・もうちょっと練ればもっと良い1年になりそうな企画だっただけに残念。巷ではかなり盛り上がってたけどね。


そんなこんなで不満な点もあるが、とりあえず来年も楽しみに待とう。




改めて審査結果は優秀賞が『最後の雨』を歌われた吉丘佳介さんと『いのちの理由』を歌われた中田 愛さん。
グランドチャンピオンは『獅子』を歌われた中学1年生、小山田祐輝さんでした。


北海道からのグランドチャンピオンは平成6年度以来21年ぶり。
男性のグランドチャンピオンは23年度以来4年ぶり。また男性が2組以上入賞するのも4年ぶり。