のど自慢観戦記・本放送再開まで期間限定公開中!

あの人も出ていたのど自慢

チャンピオン大会無観客開催決定。
先生のいないチャンピオン大会とか味噌の入ってない味噌汁みたいなもんだろ・・・(泣)1年間の楽しみがそこに凝縮されてると言うのに最早生きる気力が湧かぬ・・・。

さらに3月中は全て開催中止と言う追い打ち。しかも1日30人ペースで確実に増えてるわけで、これ結構、長引くんじゃないかと思ってるから伊勢崎市大会ぐらいから再開になりそう。オリンピックの有無は関係ないし。

と言うわけで、のど自慢中止代替企画第二弾!
本日はあの人も出ていたのど自慢!どうぞ!




【問題】
f:id:sennsei:20200307232344j:plain
※平成19年2月

このスキンヘッドが凛々しい高校生。最近とあるニュースで話題になりました。
さて何のニュースでしょうか?
答えは番組後半で!


のど自慢では新たなスター歌手を発掘する役割も担っています。北島三郎やKiroro、三山ひろしなどがのど自慢出身の大ヒット歌手として良く知られていますが、近年でも歌手デビューを果たし中には紅白歌合戦出場までも既に成し遂げてしまった強者もいます。
そんな金の卵たち、通称金たm(ピ―――ッ!!)たち5人をご紹介!





【1人目】
f:id:sennsei:20200307232701j:plain
一条貫太
平成26年千葉県東金市大会で冠 二郎の「旅の終りに」を歌いチャンピオン。渋み極まる力強い低音ボイス。しかし決め所の高音も気持ちいい、厚みのある声が非常に魅力的な実力派。この大会から数年後ウッチャンナンチャンの歌唱王にも出場し成長を実感させた。令和の演歌界を引っ張っていくであろう存在である。





【2人目】
f:id:sennsei:20200307232425j:plain
              KAN
歌って踊る演歌界の新しい風。平成20年和歌山県田辺市坂本冬美の「夜桜お七」を歌いチャンピオン。左の子は振付担当の辻川さん。
KANEって誰?と思う方もいるかもしれないが女性演歌グループ水雲-MIZMO-の真ん中の人である。のど自慢でも披露した歌って踊る斬新なスタイルは、女性三人のハーモニー演歌というプロの世界でも真新しい印象を残す。近年でははやぶさ純烈など男性グループのムード歌謡が人気を博しているが、そこに割って入るのも時間の問題だろう。





【3人目】
f:id:sennsei:20200307232455j:plain
中澤卓也
デビューシングル「青いダイヤモンド」が彼のすべてを体現している!まさにダイヤモンドのように煌めく声と弾ける笑顔!甘い雰囲気漂うムード歌謡のイメージ・・・だが、のど自慢で歌ったのは森山直太朗の名曲「さくら(独唱)」。ゲストで来ていたつんく♂中村美律子を唸らせた。J-POPから演歌・歌謡曲まで、カットによって輝きを変える表情もまさにダイヤモンドに相応しい。



f:id:sennsei:20200307232814j:plain
なお彼は徳田章アナウンサーが司会を務めていた時代の最後のチャンピオンでもある。司会就任の挨拶で来ていた千ちゃんを含めての貴重な3ショットだ。





【4人目】
f:id:sennsei:20200307232616j:plain
東 李苑
元SKE48。北海道南幌町でAKB48の「ヘビーローテーション」を歌って特別賞を受賞した(鐘は2つ)。1人奮闘する姿から徳田章アナウンサーに「よく48人分 頑張りました」と褒められた。なお「ヘビーローテーション」を1人で歌ったのは後にも先にもこの子だけである(2020年2月現在)。
また現在は故郷の北海道を中心に活動しているという。





【5人目】
f:id:sennsei:20200307232632j:plain
鈴木愛奈
声優として活躍する一方、アニメに登場するユニット「Aqours」としても活動。のど自慢出身の声優と言えば岡咲美保さんが有名だが、実は鈴木さんの方が一足先輩。なお幼少期より民謡教室に通っていたそうで、のど自慢で披露した歌も北海道民謡の「十勝馬唄」。圧倒的な歌唱力でチャンピオンの座に座った。ちなみに出場した回は北海道南幌町である。その南幌町と言えば





f:id:sennsei:20200307232648j:plain
この2ショットですよw
将来のアイドル二人が特別賞とチャンピオンで並び立っていたという奇跡のような伝説回。
カァイイねぇ、カァイイねぇ。




【オマケ】
f:id:sennsei:20200307232442j:plain
???
平成19年度のチャンピオン大会。Kiroroの「もう少し」で優秀賞!
当時高校三年生。この4月晴れてデビュー決定!



これからも将来有望な金の卵たちを見守り、時には過去の姿に思いを馳せて行こうではありませんか。

と言う事で冒頭のスキンヘッド少年の答えはこちら!
www2.ctv.co.jp

演歌ポリス!
いやー、彼、警察官になってたんですね。


f:id:sennsei:20200307232413j:plain
面影無かったから記事に名前が無かったら全然分かりませんでしたよ。警察官という固そうな職業には、こういう親しみやすい一面を見せるのも治安維持の方法の一つ!是非地域の安全をこれからも守ってください。



来週のこの時間は「チャンピオン大会2020展望」をお送りする予定ですが、仮にチャンピオン大会自体が中止になってしまった場合は「あの人も出ていたのど自慢・番外編」をお送りします。


そしてもうひとつお知らせ。


https://twitter.com/NlPwpt5AC5p8wtz
のど自慢チャンピオン大会を少しでも盛り上げられるように、期間限定でツイッターを開設しました。
ブログと連動して出場者や歌唱楽曲の紹介をしていく予定です。
普段ならドキドキしながら電車に乗って会場に向かって、チケット交換して、前説聞いて、数十秒前に暗くなって、幕が開いて・・・と気持ちを高めて行けるのですが残念ながら今年はそれが出来ない!と言うわけで半ば自分が気持ちを高める為のものです。

なお再開した暁にはアカウントは削除いたしますのでご了承ください。あと不慣れなのでフォローとかリツイートとかあまり専門用語は出さないでください(笑)
混乱します。

個人的にツイッターやインスタなどのSNS系はブログで十分と思っているのですが、チャンピオン大会が終わった後も上記の通り のど自慢中止の日々でも何か楽しめる事を模索した結果、ツイッターを使って一日一言ちょっとした企画を考えています。それでのど自慢無しの日々を少しでも食いつなげるようにしたいという思いがツイッター開設の経緯ですので、暇つぶしに是非一日一回、覗いてみてください。