9月8日 静岡県菊川市大会 島谷ひとみ初出演!
10月6日 群馬県富岡市大会 DA PUMP初出演!

NHKのど自慢チャンピオン大会2019 展望!

f:id:sennsei:20190301213400j:plain
♪空の~声が~聴き~た~くて~

という事で今年もいよいよ頂上決戦の季節!
こんにちは、先生です。

今年は13組というまさかの少数精鋭。
ちいっと寂しい気がしないでもありませんが、その分濃密な戦いを期待します
それでは今年の展望に参りましょう!



秋田県由利本荘市チャンピオン 茂木 空さん
♪秋田草刈唄

今大会最年少(中学2年生)トリオの1人。まぁ雰囲気はオッサンみたいだが(笑)
4年ぶりの民謡出場者。何となく「持ってる」子なので演出次第ではグラチャン候補だよなぁ。
個人的には歌い出し、もう一つ踏み込んだ高音を期待したいところ。唯一無二のキャラクターで存在感をアピールできるか。



福島県古殿町チャンピオン 大縄暁子さん
♪恋人よ

寿司職人さん。
福田こうへい曰く「二種類の声を使い分けてる」そうだがよく分からんw
序盤の低音部分で引きつけて中盤から終盤に向けて盛り上げていく構成は見事。
しかし「一番上手い人はグラチャンにならない」のジンクスは今年この人かな。ズバリ優秀賞。



栃木県宇都宮市チャンピオン 小森谷姫向さん
トイレの神様

最年少トリオの1人。
中学2年生と言う若さなんだが、すでに発声が子供じゃない。
いわゆる「語り」なんだが、しっかり言葉が聞き取れる。何と言うか雰囲気が大人なんだよな。
「若い人ほど勢いで、歳を重ねてくると技術で」の傾向が今年は例年より顕著だがこの子だけ逆行ってるし。3拍子も難しいはずだが・・・うーむ。
実際にひいおばあちゃんのトイレを掃除していたと言う横顔もこの曲と重なる部分があり、そういう面から見てもこの子にピッタリの選曲だと思う。



栃木県矢板市チャンピオン 地島悦子さん
♪感謝状~母へのメッセージ~

お母さんへ思いを込めて。
髪は派手だが、歌は堅実。この楽曲は本選で鐘がなった所からもう一段階ギアの上がる歌だから、この調子のまま徐々に上げて行ければ期待が持てる。
実際前回この曲で出場した木村八重美さんもチャンピオン大会で大きく評価を上げた。
「呼んでいるうちに」のBメロが省略される可能性もあり、今の段階でどう編曲されてるかは分からないがリハーサルで流れを掴んでおきたい。



千葉県勝浦市チャンピオン 大根田 岳さん
ひまわりの約束

顔は濃いが非常にソフトな声の持ち主。今年の男子中高生3人はそれぞれ特徴があっていいね。
詞の歌い終りを伸ばさず一つ一つ丁寧に切っていくところが性格を表しているのか、原曲とはやや違うその雰囲気を審査員がどう評価するかが入賞への分かれ道。




長野県駒ヶ根市チャンピオン 小池立基さん
♪I LOVE YOU

思わず笑ってしまうほどスイッチの切り替えが激しい中学3年生。
父親の影響で尾崎ファンになったそうで、喉の使い方は確かにロックを歌う時の尾崎に似ている。
バラード調のこの曲にこの歌い方が合っているかの是非はさておき、完璧に自分の歌にして歌っているこのオリジナリティーを武器にしたい所。反面諸刃の剣であるとも言えるが・・・。
気合の入った熱唱で審査員の心を打てるか。



山梨県甲州市チャンピオン 斉藤花耶さん
♪みんな空の下

歌のお姉さんを目指す高校生。
一瞬、高音になる部分も問題なくこなせる実力派。敬遠される要素は無いが、それだけでは埋もれてしまう心配も有り。
本選ではほぼ頭しか聞けてないが、サビを力強く歌えれば持ち前の透明感に明るさが加わり好印象を与えられるかもしれん。
尤もここまで選ばれた人なんだからそういう華やかさも多分問題ないんだろうな。



富山県魚津市チャンピオン 山本智暁さん
ハネウマライダー

さすが大学院生だけあって(?)英語の発音が滑らか。
跳ねるように歌っていた本選よろしく、楽しく歌わないと伝わってこないアップテンポな曲だから、とにかく楽しんで歌っていればマイナス点にはなるまい。
あまり動きすぎてブレないようには注意したい。



大阪府柏原市チャンピオン 藤井舞乃空さん
能登半島

最年少トリオの1人。方々で活躍してる歌自慢が「のど自慢」にも殴り込みである。
同学年の小森谷さんと同じく声自体は大人っぽい雰囲気があるが発音はどことなく、たどたどしい所もある。歌い出しから勢いでそのまま持っていく所も小森谷さんとは対照的。
出だしは良いが、どこかで緩急を付けられれば、より審査員にも好印象を与えられるだろう。水森さんの評価が楽しみな反面やや怖い(笑)



鳥取県北栄町チャンピオン 平田美貴さん
♪愛は時を越えて

やや枯れたハスキーな声が魅力的な女性。
楽曲の山も谷もちゃんと理解しており、サビに入る所の伸びやかな所なんかもう聴く側はワクワク感しかないな。
それほど後半の盛り上がりが約束できる前半の構成力がある。



山口県下関市チャンピオン 森川 薫さん
♪悲別~かなしべつ~

歌い出しから意識的に言葉を区切らなければならないところと、自然に伸ばさないといけない所が複雑に絡み合ってる難曲。
抑えめの前半さえ乗り切れれば後半は乗っていける歌。私も特に前半は集中して聞いておきたい。
余談だがこの曲の川野夏美も高校生の時に出場してたけど森川さんも高校生の時に確か出てた気がする。



佐賀県伊万里市チャンピオン 篠崎大輔さん
♪花になれ

大きな体とは対照的に非常に優しい声が印象に残る男性。
ホントに「気は優しく力持ち」を体現したような歌だよな。男の私がウットリしましたよ(ぇ
声を作らず自然体で歌っていられるのも高ポイント。



大分県大分市チャンピオン 松井照一郎さん
青春の影

今大会最年長。とは言ってもまだお若い51歳(本選時)。
前半は問題ないんだけど後半に連れて高音が厳しくなっていく所が結構不安なんだけど大丈夫だろうか・・・。
50代とは思えない声質の若さはウリ。思春期に少年から大人に変わる青年期のような懐かしい感じのする声だ。徳永英明あたりの歌も聴いてみたい。




小森谷さんの項でも書いたが、今年はいつになく「若い人が勢いで、歳を重ねるごとに技術で」の傾向が顕著。
また学生が13人中6人とほぼ半数の中、30代以上のオバs・・・お姉様方が4人、20代の出場者が男性2人、最年長はまだ若い51歳とここ最近の中では割と偏った顔触れと言える
若さが勝つか、それとも年の功か!?


一応、出場順予想。

1秋田草刈唄
2I LOVE YOU
3愛は時を越えて
青春の影
5みんな空の下
6悲別~かなしべつ~
ひまわりの約束
8感謝状~母へのメッセージ~
トイレの神様
10花になれ
11能登半島
12恋人よ
13ハネウマライダー

トリはしっとりと締めてもいいが、去年の栗林さんに倣って明るい楽曲で行こうと思う。

そして入賞予想はズバリ

優秀賞:「恋人よ」 大縄暁子さん
   :「愛は時を越えて」 平田美貴さん
グランドチャンピオン:「花になれ」 篠崎大輔さん

と予想。いや希望か?w


安定+構成とお姉様方四天王がしっかりしてて強そうだよなぁ・・・。


ゲストは郷 ひろみ、石川さゆり桐谷健太の3人!
気になる審査員はここ数年携わって来たミッツ、ヒャダイン、松尾 潔先生が外れてコチラの皆さん。
黒柳徹子立川志らく、都倉俊一、松下奈緒、水森英雄

あとおそらくNHKのエンターテイメント番組部部長。審査員の数も減ってこちらも少数精鋭となった。


という事でNHKのど自慢チャンピオン大会2019!いよいよ明日3月2日夜7時30分から!
平成最後の栄冠は誰に輝くのか!?